• 地域で流行するインフルエンザの症状を抑えるリレンザ

    2016年11月28日

    寒い冬になると、空気が乾燥することもあり、地域によってはインフルエンザが大流行することがあります。 学校や老人ホーム、介護施設などで広まると、一時的に閉鎖されたりもしますし、幼児や高齢者は抵抗力が弱いため、重症化する可能性もあります。 それを防ぎたいなら、各地域で行われている予防注射を受けることをお...

    記事の続きを読む

  • 備蓄計画に含まれないアビガンよりリレンザ!

    2016年10月27日

    日本におけるパンデミックに対する抗インフルエンザ薬の備蓄計画としては、全国民の45%に相当する5,700万人分のタミフル8割とリレンザ2割の備蓄目標が掲げられ、現在では6,800万人の備蓄が完了していますが、平成28年8月より備蓄中のタミフル及びリレンザが順次期限切れを迎える為に平成28年9月より...

    記事の続きを読む

  • インフルエンザはワクチン接種と5日間のリレンザ使用

    2016年9月14日

    12月~3月までの時期は、寒いうえに空気も乾燥しやすくなるので、インフルエンザウイルスにとっては絶好の環境となり、外出時にマスクや手袋をしていないと感染することがあります。 帰宅後もうがいや手洗いをしたり、加湿器を付けて空気の乾燥を防ぐなどの注意を怠らないようにしたいですが、それでもインフルエンザに...

    記事の続きを読む

  • リレンザと栄養をしっかり取って3日目には回復!

    2016年8月13日

    季節性インフルエンザはウイルス性の感染症のため感染力が強く、潜伏期間も1日から3日と短めです。症状が出ると悪寒がし、高熱がいきなり出てきます。高熱と同時に倦怠感や筋肉痛、関節痛、頭痛がおき、近くにインフルエンザに感染した人がいる場合は、この段階で感染した可能性があるので、医療機関を受診します。 発熱...

    記事の続きを読む

  • リレンザ治療と同じく睡眠の心配無用のカロナール!

    2016年7月4日

    インフルエンザにかかってしまったときの治療に用いられる薬としてよく知られるようになってきたのがリレンザであり、他のノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる治療薬とともに重宝されています。リレンザを使用することによって治療を早めることができるのがメリットであり、インフルエンザのつらい症状から一刻も早く治りたい...

    記事の続きを読む

  • インフルエンザ対策のリレンザは年齢を問わず使える薬

    2016年6月4日

    リレンザはオーストラリアのビオタ社が開発し、グラクソスミスクライン社が販売を行っている吸引型のインフルエンザ治療薬です。インフルエンザA型、B型の両方に効果があり、専用の吸引器を使って1日2回の吸引を3~5日間行います。粉薬を気道に直接届けるため、即座ウイルスが増殖しやすい気道の粘膜でのウイルスの増...

    記事の続きを読む

  • 介護現場のヒト同士のインフルエンザ感染はリレンザで

    2016年5月21日

    少子高齢化が深刻な日本では病院に沢山の高齢者が入院し、療養生活や介護生活を強いられている現実があります。どの病院も殆ど高齢者が入院し、満床になっています。高齢者は免疫力、抵抗力ともに弱く、病院内の衛生面には非常に気を配らなければいけません。黄色ブドウ球菌などによって食中毒を起こすことも少なくありませ...

    記事の続きを読む