地域で流行するインフルエンザの症状を抑えるリレンザ

寒い冬になると、空気が乾燥することもあり、地域によってはインフルエンザが大流行することがあります。
学校や老人ホーム、介護施設などで広まると、一時的に閉鎖されたりもしますし、幼児や高齢者は抵抗力が弱いため、重症化する可能性もあります。
それを防ぎたいなら、各地域で行われている予防注射を受けることをおすすめしますが、すでにインフルエンザになってしまった場合は、リレンザで治すようにしてください。
インフルエンザの症状というのは、風邪とよく似ているので、最初はすぐに治るだろうと甘く考える人も少なくありません。
しかしやがては高い熱が出たり、頭痛や筋肉痛、関節痛、下痢などに苦しめられるので、若くて健康な大人でも、相当に辛い思いをすることになります。
抗インフルエンザのリレンザは吸入薬で、気道に直接作用して、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果があるので、5日間きちんと使えば、体調を早く回復することが出来ます。
病院に行けば、お医者さんが診察の後でリレンザを処方してくれるので、指示通りに正しく服用するようにしましょう。
インフルエンザ治療薬には他にもタミフルが知られていますが、まれに異常行動が起こることが確認されているので、子供が服用する際は、副作用が起こりにくいといわれる、リレンザを選んだ方がよいでしょう。
リレンザは吸入薬なので、はじめのうちは使用説明書を見ながら使う必要がありますが、じきに慣れて、簡単に使えるようになるはずです。
病院以外にも、個人輸入代行通販でもリレンザを手に入れることが出来るので、住んでいる地域で大流行しそうなときは、事前にサイトから購入し、家族全員の分を自宅に備えておくとよいでしょう。

ページの先頭へ戻る