リレンザ治療と同じく睡眠の心配無用のカロナール!

インフルエンザにかかってしまったときの治療に用いられる薬としてよく知られるようになってきたのがリレンザであり、他のノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれる治療薬とともに重宝されています。リレンザを使用することによって治療を早めることができるのがメリットであり、インフルエンザのつらい症状から一刻も早く治りたいという人や、インフルエンザによって合併症が生じるリスクがある人達から高い支持を得ているのが現状です。世の中でもインフルエンザにかかってしまったときにはリレンザを使用すれば治せるという理解が進んできていますが、必ずしもリレンザだけがインフルエンザのときに使用される治療薬ではありません。インフルエンザによって引き起こされる熱は高くなりすぎると命の危険を伴うことになるため、解熱鎮痛薬であるカロナールもしばしば使用されます。熱が上がり過ぎることによって身体を作り上げているタンパク質が変性してしまうようになると生命機能の維持ができなくなってしまって死に至る可能性があります。そうでなくとも高熱になると体力の消耗が激しいことから、状況に応じて解熱を行うために用いられるのがカロナールです。熱を下げるというと市販の風邪薬を想像してしまう人も多いものであり、カロナールを飲むと眠くなってしまうのではないかと懸念する人もいます。しかし、カロナールには睡眠の副作用は報告されていないことからその点について安心して使用することができるでしょう。市販の風邪薬に睡眠の副作用が生じやすいのは抗アレルギー成分として抗ヒスタミン剤が含まれているからであり、それが含まれていないカロナールは飲んだからといって眠くなるリスクはないのです。

ページの先頭へ戻る