インフルエンザはワクチン接種と5日間のリレンザ使用

12月~3月までの時期は、寒いうえに空気も乾燥しやすくなるので、インフルエンザウイルスにとっては絶好の環境となり、外出時にマスクや手袋をしていないと感染することがあります。
帰宅後もうがいや手洗いをしたり、加湿器を付けて空気の乾燥を防ぐなどの注意を怠らないようにしたいですが、それでもインフルエンザになってしまうことはあります。
特に幼児や高齢者は抵抗力が弱いので、本格的な冬が始まる前に、予防接種を受けておくようにしましょう。
ワクチンの効果は半年程度しかもたないので、11月後半~12月の初めごろに病院へ行くことをおすすめします。
インフルエンザを発症すると、38度以上もの高熱が何日も続いたり、頭痛や吐き気、下痢を起こしたり、筋肉痛や関節痛などの症状も起こるので、注射が苦手な人でも、ワクチンを接種していた方が安心です。
しかしどうしても注射は受けたくないので、別の方法を探したいという方は、リレンザで対処するようにしましょう。
リレンザはインフルエンザの予防と治療に使える吸入薬で、タミフルのような錠剤タイプの薬とは違い、吸入して気道に直接作用させる薬です。
気道にたまっているインフルエンザウイルスに薬剤をあてることで、増殖を抑えたり、活性化を防ぐ効果があるので、初期の段階で使えば、短期間で元気を取り戻すことが出来ます。
インフルエンザを発症してから、48時間以内に、5日間の吸入を続ければ、高熱や頭痛、筋肉痛などの辛い症状に苦しめられなくても済みます。
リレンザは病院で処方してもらうのが一般的ですが、個人輸入代行通販を利用すれば、家族全員の分を何箱でも買えるので、冬が近づいたらまとめ買いをして、いざというときのために備えるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る