リレンザとタミフルの違いと効果

抗インフルエンザ薬であるリレンザとタミフルは、インフルエンザにかかると、処方されることが多い薬です。この二つの薬の共通点はインフルエンザウイルスの増殖を抑える働きがあること、インフルエンザ発症から48時間以内に使用しないと効果がないことなどがあげられます。タミフルとリレンザの違いはまず薬の形状にあります。タミフルは錠剤ですが、リレンザは吸入薬のため、パウダー状になっています。インフルエンザウイルスは気道の粘膜につきますが、リレンザは吸い込むので気道に直接吹きかけることができ、ウイルスの増殖を比較的早くに抑え込むことができます。この他、使用する年齢が違います。タミフルは1歳から5歳までと20歳以上、リレンザは5歳以上で推奨されています。タミフルは10代の子供に異常行動が見られるケースが多いため、10代の子供にはリレンザが使用されます。逆にうまく吸い込むことができない5歳未満の子供にはタミフルが使用されます。異常行動に関してはタミフルばかりでなくリレンザを使用した場合にも起こっているので、インフルエンザに感染しているうちはあまり目を離さないように注意します。効果の差としては、リレンザの方が症状が早めに和らぎます。吸入薬のため、ウイルスに直接吹きかけられるからです。タミフルは吸入薬でないので、胃に入ってから全身に効き目が行くので若干遅めです。ですが、どちらの薬も服用を開始してから2日から3日でだるさや倦怠感、発熱が治まってきます。この二つは使用する年齢によってどちらを使用するか決められることが多いです。吸入薬を使用し、嘔吐してしまった経験があったり、気管支喘息や喘息気味の場合はタミフルを使用した方が良いでしょう。

リレンザとタミフルどちらが効き目があるか?

リレンザとタミフルはインフルエンザの治療をする際に処方される抗インフルエンザウイルス薬で、感染の状況や患者の状態によって使い分けられます。どちらが優れているということはありませんが、病院の先生はインフルエンザA型に特に効果を示すということから良く利用されているようです。ただし、どちらも有効成分は異なりますが作用機序は同じノイラミニダーゼ阻害薬として分類されているため、効果による明確な違いはありません。タミフルはカプセル錠またはドライシロップとして経口薬に、リレンザは吸入器を使用したタイプとなっているため、使いやすい方を選択することになります。インフルエンザの症状は高熱や悪寒、吐き気といったものが多いですが、同じく喉が悪くなるなど呼吸器系の障害も起こります。高熱が発生するため、呼吸が荒くなり息をするのも苦しい状態が続きます。この状態でリレンザを使用しても、正しく吸入できるか判断しづらいため、医者としては確実に服用することのできる経口薬を選択するのが一般的です。特に10歳未満の小さな子どもでは、吸入器を扱えるかどうかさえ分からないため、通常ならリレンザを処方することはありません。ただし、10歳以上の20歳未満の子どもではタミフルを服用すると、異常行動が多く見られるため厚生労働省の指導によって原則的にタミフルを処方することは禁止されています。リレンザでも異常行動は起こるようですが、現在では報告は少数のため、あまり深く考えてはいないようです。こうした理由によって年齢や症状、感染状況によって処方する治療薬を変更することになるため、病院では効果があるからタミフルを処方するといった決め方は行っていません。

リレンザ・タミフルの安全性

インフルエンザの治療において頻繁に使用されるようになってきたのがリレンザとタミフルです。これらの医薬品が市場に登場する以前は安全性が高くて有効性も高い治療薬がありませんでした。インフルエンザが発症してから48時間以内に使用を始めれば治療を早める効果が得られるという明らかな有効性が示されているこれらの治療薬は高い信頼を得て頻用されるようになっています。有効性の高さについてはよく宣伝されるようになってきたことから多くの人が知るものとなってきていますが、安全性についての懸念は依然としてあるのが事実です。最も懸念されることが多いのが小児の異常行動であり、特にタミフルではニュースを賑わす話題となったこともありました。現状として因果関係がないとされているものの、両親のような監督者がよく監視をするように指導が行われるようになっています。こういった問題こそあるものの、基本的には副作用が少なくて安全に利用できるからこそよく用いられているのがリレンザとタミフルです。タミフルを飲むとしばしば下痢などの消化器症状を経験する人もいますが、その心配が少ないという点ではよりリレンザが安全であると考えることもできます。飲み薬であるために全身に作用が生じてしまいやすいタミフルに対して、感染経路となる呼吸器に直接作用させるリレンザは全身作用が少なくて副作用が出てこないことが多いのが特徴となっています。もともとどちらも重篤な副作用が極めて稀であるというのが特徴ではあるものの、より副作用への懸念をするのであればリレンザの方が安全性が高いと言うことができるでしょう。異常行動の報告も少ないことから信頼性が高いのがリレンザです。

■リレンザやタミフルの前に、まずは予防接種の事を考えませんか?
インフルエンザ予防接種に関して

ページの先頭へ戻る